指導教員と専門が違う分野の研究で修士号をとる話(NLP)

はじめに

修論審査がおわり、おおよそ修士号を取れるだろうということでこれを機にまとめておこうかと。
 
以下の二つあたりのブログをなるほどと思いながら読んでいましたが、お二方ほど文才もないのでサクッとポエムを書きます。
 

置かれた環境

某大学で自然言語処理と全く関係ない専攻で自然言語処理の研究をしていました。

このようなことができる環境から分かる通り放置系の類の研究室です。

放置が必ずしも悪いことではないことはその類のラボに所属している方ならお分かりいただけると思いますが、軽くメリットとデメリットをまとめ直しておくと以下の通りです。

 
メリット
  • (一定の範囲内で)好き勝手に研究をできる
  • 研究室のことで拘束されることはほぼない
 
デメリット
  • 専攻内や研究室内に研究の相談ができる相手が(ほとんど)いない
  • 同じ分野内の少し違うところに関する知見が入ってきづらい
 

なんでそんな研究を?

そもそもなんで言語処理を始めようと思ったのか?
かいつまんでいってしまえば言語処理に興味が出たから
(今思えばあさはかだったのかもしれないし、大学なり専攻なりを変えるべきだったのかもしれない。)
 
私が所属していた研究室は学生がテーマを見つけそれを進めることが推奨される研究室だった。B4~M2の間同じ研究室に所属していたが概ね方針が変わることはなかった。
 
僕がB4として研究室に配属された時、先輩たちがJSAIの話をしていたことを覚えているし、一年後に僕もそういうところに行くのかな?とか思っていた。
B4当時、そもそも外で発表するということ、学会に行くということがどういったことがわかっていなかった。B4の僕はおそらく見込みがある卒論は指導教官からの指示のもとコンパクトにまとめて学会に行く、論文を出すものだと思っていた。
卒論が終わる頃になっても特にどこかへ出そうとか何も言われなかったので
僕の研究は屁のつっぱりにもならないものだったのだろうと思ったので、軽く鬱々とした気持ちになったことを今でも覚えている。
 
どうせ指導教員から見込みがないと思われているなら、好き勝手な研究をしようと思ったので修士からはちょうど興味のあった言語処理をしようと思った。
学部時代は、自然言語処理ひいては機械学習といった分野に(ほとんど)触れてこなかったので、そういった関連の授業を取ってみた、問題意識を持って授業に望んでいたので、疑問点が多々生まれたり、理解のしどころがわかったりした気分に浸った。
 
M1の夏に大まかなテーマを決めた、M1の冬まではその関連分野の理解を始めた。初めての分野にほぼ素っ裸で乗り込んだので論文を読むのは難航したりしたが、大元になる論文を読み終えて実装したりしてなんとか頑張り始めた。
M1の終わり頃から研究に行き詰まりを感じた、誰にもなんとも言えない相談ができないつらいみたいな心境で悶々とした。
 
M2の夏頃から色々なところ(勉強会とか)に顔を出してみることにした。こんな世界があったのかと思ったと同時に自分が今までやって来たことは……という気持ちになった。
M2の秋頃になんとかそれっぽさが見えてきたので冬に向けて実験したりしてなんとかまとめた。結果として全く関係ない専攻で自然言語処理に関する論文を出して学位を取ることになった。
 

おわりに

ここまで読んでしまった人ならお分かりかもしれないが、要は決断や行動をしなかった僕の責任がほとんどを占める。

こんな私でも修士号が取れてしまうことが本当に恥ずかしいので、今後はもっと頑張っていきたい・・・

周りに同じ分野の研究をしている人がいればこんな状況には陥らないだろうし、もし万が一私みたいな境遇の人がいたら頑張ってやっていって欲しいという反面教師としてまとめたみたいなところがあるので参考になる人がn人でもいれば幸いです。